セブンスデー・アドベンチスト教団 安息日学校部

GCsslogo

セミナー/イベント

SSアクションユニット

安息日学校聖書研究ガイド

聖書研究ガイド/副読本の修正箇所

安息日学校聖書研究ガイドの副読本

安息日学校聖書研究ガイドの暗唱聖句表

安息日学校聖書研究ガイド朗読音源

安息日学校聖書研究ガイドのポイント

アドベンチスト・ミッション

伝道地便り

伝道地地図

安息日学校記録資料

イエスさまのたからもの/嬰児科・幼稚科用

イエスさまだいすき/小学校1〜3年生用

イエスさまといっしょ/小学校4〜6年生用

イエスさまのように/中学生用教課

やさしい聖書入門

ぶどうのえだノート

The Sabbath School/Personal Ministries Department of the General Conference



聖別献金をしませんか

聖別献金ロゴ

聖別献金は、1年間、自分で特別に何かを決めて(聖別し)献金して蓄え、毎年12月1週目におささげするものです(たとえば、聖書を1章読んだら50円など)。安息日学校の献金のひとつで、世界伝道のために用いられます。

ビンや缶などに専用シールを貼って、献金箱としてお使いください。シールは各教会でまとめてご注文ください。



第5課 ホープSS:安息日学校部

2017年 第3期 「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

第5課           旧約聖書の信仰   7月29日

御言葉によるテーマソング:I Have Been Crucified With Christ(ガラテヤ2:20-21)

第5課 青年用:羅 明勲

2017年 第3期 「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

今週のポイント
① 旧約聖書に表れている贖いと信仰による義を理解することが今週の学びの目標です。
② ガラテヤ教会の信徒たちは十字架を見上げて福音を信じることによってクリスチャンになりました。しかし後に、自分の行いに頼るようになってしまいました。(日曜日)

第5課 聴覚しょうがい者用:羅 明勲

2017年 第3期  ガラテヤの信徒への手紙における福音

           第5課 旧約聖書の信仰

1.5課の学びは旧約聖書に表れている贖いと信仰による義を理解することです。

2.いわゆる「義認」とは何でしょうか。義認とはキリストの十字架の死と贖いを自分のものとして受け入れた人は、もはや罪に属さないという神様の法的宣言を意味します。そしてそれは全く神の恵みによって成し遂げられます。ガラテヤ教会の信徒たちはこれを信じてクリスチャンとなりました。しかし、次第に義と認められるために自分の行いに頼るようになったのです。

第5課 朴 哲漢

2017年 第3期  「ガラテヤの信徒への手紙における福音」 

はじめに
今週の教課の学びは、ガラテヤ書3:1~14を中心に学ぶことになります。
今週のタイトルは「旧約聖書の信仰」です。多くの人々は旧約聖書に流れる主なテーマは律法であって、新約聖書は福音であると思いがちです。神様の言われる通り(戒め=律法)に従ったアブラハムは実は信仰によって義とされたのであります。先週と似ている内容かもしれませんが、当時のガラテヤ教会、それから律法の役割を取り戻した我々の教会、セブンスデー・アドベンチストにおいて最も大事な教えである「信仰」の意味を深めましょう。

今週のポイント
1.「ガラテヤ人への手紙」の構造

第4課 安河内アキラ

2017年 第3期 ガラテヤの信徒への手紙における福音

第4課            信仰のみによる義認           7月22日

                                       
暗唱聖句  「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。」フィリピ2:2

第4課 青年用: 青木 泰樹

2017年 第3期  「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

信仰のみによる義認

今週のポイント
① 日曜日:「義認」という言葉には、罪が赦されるという意味だけでなく、神の前に正しい存在であるとみなされるという積極的な意味があります。

第4課 ホープSS:安息日学校部

2017年 第3期 「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

第4課           信仰のみによる義認          7月22日

御言葉によるテーマソング:I Have Been Crucified With Christ(ガラテヤ2:20-21)

第4課 聴覚しょうがい者用:柳 鍾鉉

2017年 第3期  ガラテヤの信徒への手紙における福音

           第4課 信仰にのみによる義認

暗唱聖句 ガラテヤ2:20

 今週は「信仰による義」について学びます。これはキリスト教において一番大切な教理であり、教えであります。これを正しく理解することは自分自身の救いに預かることだけではなく、多くの人々をキリストへ導いて救う尊い働きに繋がります。

第4課 廣田 信之

2017年 第3期  「ガラテヤの信徒への手紙における福音」 

はじめに
今週の教課の学びは、ガラテヤ書2:15~21を中心に学ぶことになります。
今週の暗証聖句でパウロは、「生きているのは、もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちに生きておられるのである。しかし、わたしがいま肉にあって生きているのは、わたしを愛し、わたしのためにご自身をささげられた神の御子を信じる信仰によって、生きているのである。」 
ガラテヤ書2:20(口語訳聖書)
この聖句の中にパウロの信仰の全てが集約されているように思います。私たちも少しでもパウロの信仰に近づけるよう、聖霊の導きと、謙虚な気持ちで学んでみたいと思います。

第3課 安河内アキラ

2017年 第3期 ガラテヤの信徒への手紙における福音

第3課            福音の一致           7月15日

                                       
暗唱聖句 「同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください。」フィリピ2:2