リテンション・プロジェクト研修会2012

ジョニー・ウォン長老講義

2012年4月23日~26日まで開催されたいきいき弟子講座 リテンション・プロジェクト研修会2012の講義内容を音声ファイルにて聞くことができます。

  • 音声ファイルを再生するにはFlash Playerが必要です。
  • 各音声ファイルは1時間〜1時間半、20MB前後あります。


リテンション・プロジェクト研修会2012の講義を聴く

  • お使いのブラウザや通信環境によってはうまく再生できない時があります。
    その場合は以下から各ファイルをダウンロードして下さい。

各ファイルの内容紹介とダウンロード

ファイル1 4月23日(月)

内容:ジョニー・ウォン長老の自己紹介。ビジネスマンとして生きていた自分がいかにして伝道者になったかの証し。

  • ファイル1・mp3/20.2MB

ファイル2 4月23日(月)

内容:ケアグループについての講義パート1。ゲートウェイ・アドベンチスト・センターの紹介。訓練プログラムの紹介。教会を成長させるためにどうすればよいか? 使徒言行録の教会:家庭に根ざした教会+公衆伝道。

  • ファイル2・mp3/19.3MB

ファイル3 4月23日(月)

内容:ケアグループについての講義続き。ケアグループトレーニングワークブックの5から。オーストラリアのアドベンチスト開拓伝道者の方法。ゲートウェイの救霊活動の構成要素。同じ事を続けていても結果は変わらない。ゲートウェイに多くの若者が来るのはなぜか?

  • ファイル3・mp3/10.5MB

ファイル4 4月23日(月)

内容:ケアグループについての講義続き。世界で最も難しい仕事。教会で人々を動機づける方法―幻を与える・価値観を与える。ゲートウェイのビジョン→3年で教会を増やす救霊と訓練のセンターになること。安息日になぜ教会に行くのかといった質問に対して、アドベンチストの幻と価値観で答える。

Q&A:家以外の場所でケアグループはできるか? アドベンチストのアイデンティティーを強調するのは他教派のクリスチャンから見ると傲慢に見えるんじゃないか? オーストラリアの文化の中に人をもてなすことがあるのでケアグループがさかんなんじゃないのか? 教会がもっと大切なことのためにくずした、これまでやってきた活動とはどんな活動だったのか?→聖霊の働いている所で働くこと。 聖霊が働いている時と場所をどう判断しているのか? 安息日のメッセージをどうやってキリスト中心に語っているのか?

  • ファイル4・mp3/30.8MB

ファイル5 4月23日(火)

内容:ケアグループについての講義の続き。魂を勝ち取るケアグループ。公衆伝道では信じるように訴える。信じよ→従え→そうしたら仲間になれる、と教えていないか。新約聖書のパターンは違う。仲間になる→信じる→変えられる、という順番。<グループワーク:使徒言行録から公衆伝道について書いてある箇所を見つける> 家庭基盤の伝道のメリット。

  • ファイル5・mp3/13.3MB

ファイル6 4月24日(火)

内容:ケアグループについての講義続き。ケアグループの具体的内容。魂を勝ち取るケアグループはあなたのため。ケアグループはキリストの喜びにあずかるため。教会のリーダーはサーバント・リーダー。キリストの喜びが動機付けになっている。ケアグループのゴールと目的:救霊・霊的成長・数的成長。ケアグループ戦略:ケアグループの構成員・組織。ケアグループの活動内容:食事・交わり・み言葉・祈り。

Q&A:牧師でも、男女別々の時は男性の牧師は男性のグループに入らないといけないのか? 年齢別にケアグループを組織する必要はないのか?

  • ファイル6・mp3/23.4MB

ファイル7 4月24日(火)

内容:ケアグループについての最後の講義。ケアグループトレーニングワークブック16。ケアグループの5要素CLEAR。求道者のいないケアグループはケアグループではない。ケアグループリーダーをいかに訓練するか。FASTの小道(The FAST Track)。

Q&A:高齢化している日本の教会で効果的に訓練できるか? 関係を作り上げる聖書研究が良いというが教理はいつどこで教えるのか(ビジョンステートメントを立て教会全体で共有されるには時間が必要と思うが・・)?

  • ファイル7・mp3/10.6MB

ファイル8 4月24日(火)

内容:弟子訓練。教会の爆発的成長(使徒言行録19章)。伝道+訓練=爆発。弟子訓練の4つの基本的要素の1:1対1。弟子訓練はプログラムではない。個人的関係。

  • ファイル8・mp3/17.5MB

ファイル9 4月24日(火)

内容:弟子訓練の4つの基本要素の2:聖書に基づく弟子訓練を行う。暗唱聖句の重要性。JNアンドリュースの例など。

  • ファイル9・mp3/14.3MB

ファイル10 4月25日(水)

内容:弟子訓練の4つの基本要素の3:組織的訓練。いきいき弟子講座。安息日学校の時間を使った訓練。FASTの小道:未信者から赤ちゃんそして弟子から最終的に働き人へ導くところまで含む。

  • ファイル10・mp3/18.4MB

ファイル11 4月25日(水)

内容:弟子訓練の4つの基本要素の3:組織的訓練の続き。FASTの小道の4つの成長段階。FASTの弟子訓練講座(いきいき弟子講座)の実際的用い方。入門コース・基礎コース・育成コース:バプテスマを受けた人のため。訓練のための道具にすぎない。どんな人をこの訓練に誘うか:Faithful, Available, Spiritual, Teachable。1度に3人以内が良い。15年前ジョニー長老が青年会長だったときの青年がほとんど教会を去っていた。プログラム中心の教会だったから。必要なことは弟子化すること。

  • ファイル11・mp3/22MB

ファイル12 4月25日(水)

内容:弟子訓練の4つの基本要素の4:説明責任(責任をもつということ)。責任を持つことは種の命令。献身が求められる。どんな献身が必要か:①規則的に時間通りに参加する。②宿題:暗唱聖句と聖書の予習。③実際の応用。弟子訓練は単なる教会のプログラムとどう違うのか?→弟子訓練は過程(プロセス)。どうやって弟子訓練を始めたらいいのか?→白板に書かれた図によるウォン長老の説明(注目)。

Q&A:必ず週1回集会をした方が良いのか? 弟子が行っている弟子訓練の様子をどうやって把握するのか? FAST安息日学校について? ケアグループや弟子訓練を行う場所は? ケアグループを資金的に教会でサポートするのか?

  • ファイル12・mp3/16.6MB

ファイル13 4月25日(水)

内容:<演習:90日間の行動計画を立てる:各々の教会のため次の段階である90日間活動計画。①祈り ②意思疎通 ③弟子訓練とケアグループ原則を教える ④必要なこと ⑤準備>。マルコ2章を用いた説教アウトライン。

  • ファイル13・mp3/15.4MB

ファイル14 4月26日(木)

内容:これまでの復習。世界で最も困難な活動を指導する。リーダーとは・・変化を管理すること、信念を持っていること。リーダーの霊性はそのグループの霊性と比例。教会が長い期間を経て昏睡にならないようにリーダーは変化のポイントにおいて協力に導かないといけない。聖書的リーダーシップをネヘミヤ記から学ぶ。ビジョンを受ける3つの前提条件(3P)。輪を閉じるアプローチ。ここからどこへ行けばいいか?

  • ファイル14・mp3/29MB