当日までの準備について

VBSの真の目的は、こどもたちの救霊です。

  1. 早くから準備しましょう!
  2. 教会全体へのアッピール
  3. スタッフ募集
  4. 案内書などの作成
  5. 会場づくり
  6. スタッフの準備

VBS役割分担表のダウンロードはこちら 


早くから準備しましょう!

今年の目玉は何でしょうか。聖霊の導きの中で、新しいアイディアを生かし、とびっきり楽しい、自分の教会にあったプログラムを用意しましょう。


教会全体へのアッピール

こどもたちの笑顔や喜びの証を教会員に対してすることで、次の世代への掛け橋として、児童伝道は大切な働きであることを教会全体にアッピールしましょう。


スタッフ募集

教会の方のみならず、保護者の方、求道者の方、学生さんなど多くの方に声をかけてください。それぞれのタラントを生かして楽しいチームを作りましょう。


案内書などの作成

  • 申込用紙、歌集、しおり、名札、修了証等はカラフルな色を使い、ぬくもりのある言葉、かわいいカットなどを入れて作りましょう。

    • 申込用紙には、食物アレルギーや喘息などの持病を忘れずに、書き込んでもらいましょう。送迎方法を確認することも大切です。万一に備えて、保険の加入も行ったほうがよいでしょう。

《保険について》
教会敷地内での事故については教団が保険に加入しています。(詳細は、経理課へお問い合わせください。)その他はお近くの保険会社にお問い合わせください。


会場づくり

子どもたちにとって聖書の学びの時間は、神さまや聖書、そして教会の人たちと仲良くなるための時間です。ですから、教室をできるだけ明るく楽しい雰囲気にしましょう。教室をつくるときには、この場所でどんなことをするのか、どんなことが起こるのかをよく考えましょう。
まず、テーマに沿った看板や室内装飾をします。イエス様にひきつけられるような、清らかさ、優しさ、あったかさ、嬉しさ、楽しさ、美しさ 心地よさを、ありったけのアイディアで表現しましょう。バックミュージックやよい香り等を用いるのもお勧めです。
また危険防止のため、画鋲が落ちてないか、倒れてきて危ないものがないかなどを確認し、触られたり、壊されたりして困るものは、どけておきましょう。


スタッフの準備

事前にスタッフミーティングをもちましょう。VBSのねらいはこどもたちをキリストに導くということです。このことを第一に確認しあいましょう。こどもとの接し方、教課の教え方などの勉強会も必要です。また、歌と暗唱聖句を覚えておきます。工作はサンプルを作成しましょう。同時に祈りの組も継続的に持ちましょう。祈りは必ず聴かれます。これが一番大切な成功の秘訣です。スタッフの霊性を高めてこどもたちと接しましょう。それぞれが熱心なあまり意見の食い違いやトラブルが発生しがちです。共に祈りつつ、お互いを受け入れあいましょう。

  • 当日、こどもたちに伝えること
    • トイレの場所を伝える
    • 困ったときにだれに言ったらいいのか
    • 荷物の場所の置き場所を決める
    • 一人で外にでない



その他、VBSプログラムの流れについてお知りになりたい方は、ぜひ「VBS教師お助けビデオ」をご覧ください。