贖い主の福音を証しする神の民

2016年1期副読本 

贖罪史と大争闘

2016年1期副読本

主の到来の前に遣わされる72人の福音伝道の記事は(ルカ10章)、天からのサタンの最終的立ち退きと、イエスが地上で神の民に信頼を寄せる御業とが結びついた意義を明示しています。御国の福音を宣べ伝える働きこそ、サタンがこの世の人たちを支配している力を衰退させることになるのです。そうすることで、現代の神の息子娘たちは、エデンで始められた御業を再開する天来の権能を賦与されるのです。それは地上の生き物の世話をするのみならず、御国を進展させていくための養いをしていくことになるのです。

著:ディビット・タスカー
訳:村山晴穂
A5判
価格1,050円(税込)

※詳細は伝道局までお問い合わせください。