第2課 青年用:下地英樹

2016年 第3期 地域社会における教会の役割

第2課 支配権の回復
青年用:下地英樹

 今週のポイント
今週は、私たちが失ってしまった「支配権」について学びます。
① 日曜日「支配するために造られる」:私たちは、神様の造られた被造物を支配するために創造されました。私たちの支配権とは、神様に委託されて、被造物を管理するということです。アダムとエバは、被造物を育て、世話し、管理して、究極の栄光と支配権を持っておられる方をあらわすための通路となるはずでした。 
② 月曜日「支配する特権」:被造物を支配するというのは、搾取することではありません。思いやりと愛情を持って世話をし、管理し、奉仕するということです。
③ 火曜日「境界線」: 私たちが被造物を支配していると同時に、私たちが神様の支配下にあることを忘れてはいけません。自然界のすべての被造物がアダムとエバに従っていたように、アダムとエバは、神様に対して従順であることを求められていました。
④ 水曜日「地球の世話」: 罪を犯す前、アダムとエバには、あらゆるものを管理することを神様から委託され、彼らは植物や動物を支配していました。しかし、罪の結果、その支配権は失われてしまいました。また、人類の罪によってもたらされた神様への反抗心は、自然界、動物界にまで影響を与えてしまいました。
⑤ 木曜日「『支配権』の回復」: アダムとエバの罪により、私たちはサタンの支配下に入ってしまいました。その支配権を回復するために、イエス・キリストはこの世界に来られました。
⑥ 金曜日さらなる研究: 私たちの住んでいる世界は、自然災害や理不尽な出来事などが起きてしまう世界です。しかし、始めからそのような世界ではありませんでした。すべては、私たちの罪から始まったのです。罪を犯してしまい、神様との関係が壊れ、彼ら自身の変わってしまったが故に、彼らと世界との関係も変わってしまいました。その関係を回復し、神の秩序ある世界へと戻すために、イエス・キリストはこの世界に来られました。

 用語説明
救済計画・・・・人類が罪を犯した直後から、神様がわたしたちのために用意してくださった計画。目的は、私たちを罪から救うことであり、失われたすべてのものを回復することである。

 ディスカッションのためのテーマ
① 神様から人類に託された「支配権」とは何でしょうか?
② 神様は、サタンの支配するこの世界において、私たちにどのような働きを行うように求めておられるでしょうか?