第10課 ホープSS:安息日学校部

2016年 第4期 ヨブ記

第10課  エリフの怒り

ホープ安息日学校の御言葉の学びへようこそ。神の言葉の学びを共に深めていきましょう。示唆に富むヨブ記の学びを始めていきます。
御言葉によるテーマソング:I would have lost heart (詩編 27:13-14)

%{artist} - %{title} [%{album}], (%{year}) (%{time})
I would have lost heart
Seek to %{time1} of %{time2} (%{percent}%)
  ---  
0:00

This is a normal list of HTML links to MP3 files, which jsAMP picks up and turns into a playlist.

1)適切な時に適切な言葉で話す
 ①箴言25:11-13
 ②誰かがあなたに適切な時に適切な言葉で話してくれた時のことをわかちあってください。
 ③適切な時に適切な言葉で話しても、いつも愛と慈しみをもって真実を話すことが重要なのはなぜですか。(エフェソ4:14-15,コロサイ4:6参照)

2)不適切な時に真実を語る
 ①ヨブ15:14-16 このことは真実かもしれませんが、なぜここでエリフは間違いを犯したのでしょうか。
 ②ヨブ18:5-6,21 ビルダドはここで真実を語っていますか。ヨブ記19章1節から2節のヨブの応答から、ビルダドの言葉は不適切な時に語られた言葉だったと、どのようにしてわかりますか。
 ③不適切な時に真実を語ろうとした経験をわかちあってください。
 ④どのようにして、適切な時に適切な方法で確かに真実をわかちあうことができますか。

3)エリフの証
 ①ヨブは自分に起きたことは自分が引き起こしたことではないという主張を保ちながら弁護を終えました(ヨブ31:40)。
 ②ここでもう一人の登場人物-エリフが登場します。
なぜエリフはヨブにこんなにも怒っているのでしょうか。ヨブ32:1-2
  Ⅰ)ヨブに対する彼の評価は正しいのでしょうか。私たちはヨブの動機や意志に対するエリフの性急な判断から何を学べるのでしょうか。
 ③なぜエリフはヨブの3人の「慰める者たち」にも怒ったのでしょうか。
ヨブ32:3-5
 ④ヨブ32:18-20 エリフはどのように自分自身を表現していますか。
 ⑤話し合いの最後で主はエリファズ、ビルダド、ツォファルを叱責されますが、エリフは叱責されませんでした(ヨブ42:7)。このことから、エリフが最初の3人の友人と同じようには見られていなかったことがわかりますが、次の箇所を考察してください。
  Ⅰ)ヨブ33:1-3, 9, 32-33 あなたはエリフの問いかけにどのように応えますか。
  Ⅱ)ヨブ34:10-12 ここでエリフはどのような間違いを犯していますか。
  Ⅲ)ヨブ34:35-37 エリフはここで真実を語っていますか。

4)背後に潜む敵
 ①ヨブの友人たちのコメントの全てに、サタンの記述があるわけではありません。なぜ、善と悪との宇宙的大争闘を理解することは重要なのでしょうか(黙示録12:7-12参照)。
 ②サタンのキリストへの攻撃から私たちが学べることは何でしょうか。
マタイ4:1-11、16:22-23
 ③どんなに戦いが激しくても、私たちはどのように堅く立つことが出来るのでしょうか。Ⅰペトロ5:6-11

HOPE SABBATH SCHOOL担当者であるDerek Morris牧師より掲載許可を頂いています。