第7課 ホープSS:安息日学校部

2016年 第4期 ヨブ記

第7課  報復的な罰

ホープ安息日学校の御言葉の学びへようこそ。神の言葉の学びを共に深めていきましょう。示唆に富むヨブ記の学びを始めていきます。
御言葉によるテーマソング:I would have lost heart (詩編 27:13-14)

%{artist} - %{title} [%{album}], (%{year}) (%{time})
I would have lost heart
Seek to %{time1} of %{time2} (%{percent}%)
  ---  
0:00

This is a normal list of HTML links to MP3 files, which jsAMP picks up and turns into a playlist.

1) ヨブの出来事
 ①ヨブ記1章6節から12節に描写されている天の集会より前に送っていたヨブの人生はどのようなものでしたか。
 ②ヨブ記1章13節から2章7節に記録されている出来事の簡単な説明をしてください。
 ③ヨブの妻はこの一連の苦難をどのように受けとめましたか。ヨブ記2:9
 ④ヨブ記4、5章にあるエリファズの忠告はどのようなところで、認識や思いやりの欠如が見られますか。

2) もう一人の「慰め人」ビルダドからの更なる非難
①ヨブ8:1-4
  Ⅰ)もしあなたが子どもを失ったばかりだとしたら、ヨブ記8章4節にあるビルダドの残酷な言葉は、あなたにどのように響きますか。
  Ⅱ)ビルダドはここで真実を語っていますか。神は罪を犯した人々を見捨てられますか。聖書から答えを導き出し、例を挙げて下さい。
 ②ヨブ8:5-22
  Ⅰ)ヨブ記8章11から13,20節では何を暗示しているのでしょうか。たとえ不注意な行動によって問題を引き起こしたとしても、身に受けて当然という非難は、なぜとても冷酷なのでしょうか。
  Ⅱ)ビルダドはヨブ記8章21から22節で真実を告げています。ところが、彼はヨブのための神のご計画がどのように成し遂げられるのかわかっていません。ヨブがさらに良い未来を築くためになすべきことを、ビルダドは何だと考えていましたか。
 ③私たちはどのようにしてそのような残酷な、薄情な精神を避けることで
できるのでしょうか。

3) ツォファルの忠告-真実の中にこめられたきついほのめかし
 ①ヨブ記11章7から9節でツォファルはどのような真実を伝えていますか。ローマ11:33-36参照
 ②この証が真実である一方で、その言葉に先立つ助けにならず、傷つける言葉は何でしょうか。ヨブ11:1-6
 ③ツォファルはヨブが罪のために裁きにあっていると確信しています。ヨブ11:20 聖書のどの言葉がこの考えを支持していますか。
  Ⅰ)創世記6:5-7
  Ⅱ)創世記13:13, 18:20-32, 19-24-25
Ⅲ)ローマ6:23上句
Ⅳ)Ⅱペトロ3:5-7
  Ⅴ)黙示録20:14-15, 21:7-8
  Ⅵ)学び:神に対する反逆は極めて重大な誤り
 ④神のご品性のどの重要な側面がツォファルの忠告から残念なことに抜けているでしょうか。
  Ⅰ)行いに表された神の愛と慈しみが書かれている聖書の言葉や例をあげてください。
  Ⅱ)あなた自身の人生に表された神の慈しみをいつ見ましたか。

HOPE SABBATH SCHOOL担当者であるDerek Morris牧師より掲載許可を頂いています。