第10課 ホープSS:安息日学校部

2017年 第1期 聖霊と霊性

第10課  聖霊、御言葉、祈り

ホープ安息日学校の御言葉の学びへようこそ。神の言葉の学びを共に深めていきましょう。示唆に富む聖霊と霊性の学びを始めていきます。
御言葉によるテーマソング:The fruit of the Spirit (ガラテヤ5:22-23)

%{artist} - %{title} [%{album}], (%{year}) (%{time})
The fruit of the Spirit
Seek to %{time1} of %{time2} (%{percent}%)
  ---  
0:00

This is a normal list of HTML links to MP3 files, which jsAMP picks up and turns into a playlist.

1)神に喜ばれる祈り
 ①すべての祈りが神に喜ばれるわけではありません
  Ⅰ)マタイ6:5-7
  Ⅱ)ルカ18:11-12 この祈りの何が間違っているのでしょうか。
 ②祈り方を学ぶことは正しいことです
  Ⅰ)ルカ11:1-4
 ③私たちがキリストとつながる時、祈りは自然な応答となります
  Ⅰ)ヨハネ14:12-14 Ⅱ)ヨハネ15:7
 ④イエス様の御名による祈り
  Ⅰ)ヨハネ14:13-14、Ⅱコリント1:20 Ⅱ)Ⅰヨハネ5:14-15
 ⑤聖霊は私たちが祈る時、助けてくださいます
  Ⅰ)ローマ8:26 Ⅱ)エフェソ6:18 Ⅲ)ユダ20-21
  Ⅳ)あなたがイエス様の御名により祈った時、聖霊のご臨在を感じた時のことをわかちあってください。
  Ⅵ)「祈りとは、友だちに語るように、心を神に打ち明けることです。これは何も私たちがどんなものであるかを神に知らせる必要があるからではなく、私たちが神を受け入れるのに必要だからです。祈りは、神を私たちにまで呼びおろすのではなく、私たちを神の許へひき上げるのです」『キリストへの道』『希望への光』1967頁

2.聖書的祈りの基礎
 ①賛美:祈り求めることからではなく、賛美から祈りを始め、終わる
  Ⅰ)詩編100:4 Ⅱ)詩編92:1-2
  Ⅲ)マタイ6:9 、13下句(国と力と栄えは・・・。新改訳)
  Ⅳ)私たちは祈りの時、どのくらい賛美する時間に費やすべきでしょうか。
 ②告白
  Ⅰ)あなたの罪を告白する
   (1)マタイ6:12 (2) 詩編 51:1–4, 10
  Ⅱ)キリストにある信仰を告白し、神の御旨のままに明け渡す
   (1) ローマ10:9,13、ヘブライ11:6 (2) マタイ 6:10
 ③願い
  Ⅰ)マタイ7:7-11、神の約束を求める
  Ⅱ)ルカ11:13、最も重要な求め
  Ⅲ)マタイ6:10、13 例え
  Ⅳ)マルコ11:24、祈り求め、信じる。私たちがキリストを信じ、キリストの御旨に従うので、受け取ると信じます。
  Ⅴ)なぜ信じて求めることは重要なのでしょうか。ヤコブ1:6-8
  Ⅵ)私たちの願い通りに祈りが答えられない時はどうしたらいいのでしょうか。 ルカ22:42、コロサイ4:2
 ④感謝
  Ⅰ)さらに願うより、感謝で祈りを終わる方がなぜ良いのでしょうか。ヨハネ11:41

HOPE SABBATH SCHOOL担当者であるDerek Morris牧師より掲載許可を頂いています。