第8課 ホープSS:安息日学校部

2017年 第1期 聖霊と霊性

第8課  聖霊と霊の賜物

ホープ安息日学校の御言葉の学びへようこそ。神の言葉の学びを共に深めていきましょう。示唆に富む聖霊と霊性の学びを始めていきます。
御言葉によるテーマソング:The fruit of the Spirit (ガラテヤ5:22-23)

%{artist} - %{title} [%{album}], (%{year}) (%{time})
The fruit of the Spirit
Seek to %{time1} of %{time2} (%{percent}%)
  ---  
0:00

This is a normal list of HTML links to MP3 files, which jsAMP picks up and turns into a playlist.

1)霊の賜物
 ①Ⅰコリント12:4-7, 11 私たちは、パウロのこの教えから、どんな大切なことを学べますか。
 ②Ⅰコリント1:4-9, エフェソ4:7 イエス様との生きたつながりを通して霊の実が実るように、霊の賜物もまた、イエス様とのつながりによってもたらされます。
 ③霊の賜物はキリストによって御自分の教会に与えられ、教会に最も必要な賜物が聖霊によって分け与えられます。

2)霊の賜物の目的
 ①ローマ12:3-6 
 ②エフェソ4:11-12
 ③Ⅰペトロ4:10-11 なぜ、霊の賜物は奉仕のためだけでなく、神の栄光を現すためにも与えられている事を覚えるのは重要なのでしょうか。

3)霊の賜物の種類
 ①Ⅰコリント12;8-11 
 ②Ⅰコリント12:27-30 
 ③ローマ12:6-8
 ④これらのリストに関して、あなたはどのようなことに気づきますか。
 ⑤ここに記されていない霊の賜物にはどのようなものがありますか。
 ⑥今日、最も必要とされている霊の賜物はどの賜物だと思いますか。
 ⑦もし信者へのキリストの賜物が、聖霊が望むままに分け与えられるのなら、パウロが言った次の意味することは何でしょうか。
  「もっと大きな賜物を受けるよう熱心に努めなさい」Ⅰコリント12:31
 ⑧聖霊の賜物の一つは異言の賜物です。異言の賜物は初代キリスト教会において、教会をたてあげるためにどのように明確に表れていましたか。使徒2:1-8

4)今日の霊の賜物
 ①ある人々は第一コリント13章8節にある「異言はやみ」という使徒パウロの言葉を引用し、霊の賜物は新約時代の使徒時代に限ったことであると述べています。私たちはどのようにしてキリストが今日も御自分の教会に特別な賜物を与えようと望まれておられると確信することが出来るでしょうか。
  Ⅰ)エフェソ4:11-13 私たちは既にその域に達しているでしょうか。
  Ⅱ)マタイ28:19-30 世の終わりまで
 ②信仰を外れる時、霊の賜物は見いだされ、用いられたり与えられたりするでしょうか。
 ③あなたが伝道に献身した時、あなたはどの霊の賜物が与えられていると気づきましたか。
 ④私たちの中や私たちを通して、奇跡的な方法で神さまが働かれている様子がみられる時、なぜ、謙遜でいることが重要なのでしょうか。
  Ⅰ)ローマ12:3
  Ⅱ)Ⅰペトロ5:5-7

HOPE SABBATH SCHOOL担当者であるDerek Morris牧師より掲載許可を頂いています。