第1課 聴覚しょうがい者用:島田隼人

2017年 第2期 「わたしの羊を飼いなさい」—ペトロの手紙Ⅰ・Ⅱ

第1課 聖霊の働き

1.今週のテーマ
 2017年、第2期は「ペトロの手紙」について学びます。十二弟子の中でもリーダー的存在のペトロは、イエスさまを裏切ってしまった弟子としても有名です。しかし、そんなペトロは復活されたイエスさまと出会い、新しく生まれ変わりました。イエスさまを愛する者、そして力強く証(あかし)する者へと変えられたのです。生まれ変わったペトロを通して、神さまが私たちに伝えたいメッセージを考えていきましょう。
 皆さんはペトロに対してどのような印象をお持ちでしょうか?よく喋(しゃべ)る、弟子のリーダー、情熱(じょうねつ)がある、正直者、裏切り者、お調子者(ちょうしもの)などがあげられるかもしれません。福音書を読みますとペトロの人間性を知ることができます。今週はペトロという人を調べていきましょう。ペトロの人間性の中に、私たちに必要な神さまからのメッセージがあるのかもしれません。

2.「わたしから離れてください」(日)
 ペトロは漁師でした。魚が入った網(あみ)をひき上げる作業を毎日するため、ペトロはとても良い体格をしていたのではないかと考えられているようです。そんな、ペトロとイエスさまの出会いは、ペトロの舟の中でした。押し寄せて来る群衆に対してイエスさまは舟の中から大声で話し始めます。このお話を一番近くで聞いていたのがペトロだったのです。しかし、ペトロはイエスさまのお話を聞きたくためにイエスさまの近くにいたのではありません。舟の持ち主だったために近くにいたのです。しかし、イエスさまのお話を聞いているうちに、ペトロの心に変化が起こり始めたのです。
 舟からのお話が終わると、イエスさまはペトロを漁にさそわれます。しかし、その日は漁師であるペトロが一晩中頑張っても魚がとれなかった日だったのです。イエスさまの言葉に対して、ペトロは「行きます」とも言えましたし、また「行きません」とも言えました。ペトロはイエスさまの言葉に従いました。結果、網が破れそうになるほどの魚がとれたのです。このような奇跡を目の前で見た時、皆さんはどのような反応をしますか?奇跡を見た後のペトロの反応からペトロの人間性を知ることができます。
「わたしから離れてください。」とても勇気のいる言葉だと思います。世の光であるイエスさまの近くで、ペトロは自分の汚れ(罪)に気付き、耐えられなくなっていたのです。自分の汚れを知って、素直に「いやだ」と思ったのです。そして、この汚れを見えなくするためには、イエスさまに離れていただくしかなかったのです。

3.キリストを告白する(月)、水の上を歩く(火)
 マタイ16章16節で、ペトロはイエスさまが約束のメシアであり、神の子であることを告白しました。ペトロの告白後、イエスさまは救いの計画を話し始めます。救いの計画の中にはもちろん十字架の「死」も入っています。神の子が死ぬ?ペトロにはイエスさまの計画を受け入れる心がありませんでした。なぜなら、神の子イエスさまが死んでしまったら、全てを捨てて従ってきた「自分」の人生が終わってしまうからです。
「主よ、とんでもないことです。そんなことがあってはなりません。」(マタイ16:22)
イエスさまが死ぬなんて、あってはならない! 誰のためにあってはならないのでしょうか?イエスさまのためでしょうか?それとも、ペトロ自身のためでしょうか? 
「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」(マタイ14:31)
おぼれそうになったペトロを助けた後のイエスさまの言葉です。
水の上を歩いているイエスさまを見て、感動し、勇気が出て来て、「僕もやりたいです!」とペトロは言いました。それに対してイエスさまは「来なさい」と言いました。それは、「あなたも水の上を歩けるよ」という約束の言葉です。しかし、最後の最後に、ペトロはこの言葉に信頼することができずに沈み始めたのです。「信じます!行きます!」と口では言いながら、心では疑(うたが)ってしまったペトロさん。このお話は、私たちにどのようなメッセージを送っているのでしょうか。

4.主を否認する(水)、教会の指導者としてのペトロ(木)、さらなる研究(金)
 本当は大好きな何かを、「嫌(きら)い」と言ったことはありますか。自分を守るために、真実ではないことを言ったことはありますか。水曜日の学びの中に、「妥協だきょう」という言葉が何回か出てきます。イエスさまを三度知らないと言ったペトロの体験から、クリスチャンとして妥協してはいけない何かを教えられます。それは、「イエスさまに対する愛」なのかもしれません。イエスさまに対する愛を妥協する時に、私たちは自分を守り、自分をイエスさまより愛しているのです。イエスさまは死にいたるまで、妥協しませんでした。最後まで愛し抜いてくださいました。後に、イエスさまの愛を知ったペトロは、「イエスさまを知らない」という者から、「イエスさまを知っている」と大胆(だいたん)に語る指導者として変えられていったのです。
 指導者(しどうしゃ)になったペトロの活躍(かつやく)は素晴らしいものがあります。しかし、素晴らしい活躍をしているペトロでさえも弱点があったことを聖書は記しています。ペトロのように、神様は私たちに修正(しゅうせい)を必要とする弱点を教えてくださいます。聖霊を通して気付かせてくださるのです。この気付きに感謝して、日々イエスさまのよう変えられますように祈りたいと思います。
 ペトロの人間性を学ぶ時に、どこか自分に似ている所があると感じられた方もいるのではないでしょうか。ペトロはイエスさまの愛に触(ふ)れ、生まれ変わりました。今期、生まれ変わったペトロを通して与えられた手紙を、祈りつつ学んでいきたいと思います。