第2課 青年用:朴 昌

2017年 第2期  「わたしの羊を飼いなさい」 ペトロの手紙Ⅰ・Ⅱ

第2課 朽ちない財産
青年用:朴 昌

 今週のポイント
① 今週はペトロの手紙の本来のメッセージとそのメッセージが私たちに与える意味について学びます。
② ペトロは使徒の資格を通して世に散らされたクリスチャンに手紙を書きました。彼らの信仰を強め、世に散らされた理由と神のご計画について記しています。
③ 人類に対する救いの計画は創造の前に立てられました。神はすべての人を救うことを計画なさい、人々を選びました。しかし、その計画は一方的な神の選びではなく、人の選択によって完成されるものです。ですから、神はその選ばれた人が正しい選択ができるように導き、待っておられます。
④ 苦しみは人を悲しませることですが、その苦しみを通して人は強められ、信仰の希望を新たに持つことができます。なぜなら、キリストは苦しみと復活を通して私たちに永遠の希望を与えてくださったからです。ですから、当時の人々や私たちは苦しみによって喜ぶことができます。特にペトロは信仰によって苦しむことは善と悪の大いなる戦いに介入されたことに注目して、試練のさなかにあっても約束の希望を信じて真理の上に立つように語っています。
⑤ 救いは信仰と行いの緊張関係にある神の御業です。ペトロはそのことを3つ取り上げて説明しています。それは「神の御品性」、「近づいている裁き」、「贖いの代償」です。ペトロは私たちがその3つのことを認識して救われた者として聖なる生活をするように話しています。
⑥ 神に従って生まれ変わったクリスチャンは清い心を通して互いに愛し合います。その愛ができるのは神が私たちに清い心を創造なさるからです(詩51:10)。ペトロはその愛の心を持つためには神によって清められることや真理を受け入れることが大切であると話します。その真理を信じ、従って生きる時、神は私たちに清い心を創造なさいます。

 ディスカッションのためのテーマ
① 「神に従う、真理に従う」ことの意味について考えてみましょう。
② 「神の予知、予定」について考えてみましょう。