第8課 青年用:平本 光

2017年 第2期  「わたしの羊を飼いなさい」 ペトロの手紙Ⅰ・Ⅱ

第8課 ペトロの書簡の中のイエス

今週のポイント
①ペトロの手紙一は始めから終わりに至るまで、主題はイエス・キリストです。イエスは神ご自身であり、私たち信じる者が永遠の命への希望と約束を確かなものとするために肉体を取って生き、十字架において死に、復活されました。今週はペトロの手紙の全体を通してイエスについて考えていきます。

②聖書は様々な形で「失われたもの」を救おうとする神の働きを明らかにしていますが、このペトロの手紙でも同様です。1ペトロ1章18,19節は、イエスは私たちの身代わりとなって死んでくださり、イエスの死という大きな代価を払って、私たちの罪から私たちを贖いだして下さった、ことが銘記されています。

③イエスの死を通しての救いという受難には、特別な意味があります。罪に染まることのなかったイエスが、罪人である私たちのために代わって死んでくださったのです。クリスチャンはイエスを通して神が私たちを救って下さり、罪から離れた生活をしていけるのです。

④ペトロの手紙一は、イエスに対する信仰のゆえに苦しんでいる人に向けて書かれています。クリスチャンの希望はイエスの復活に基づく、生き生きとした希望です。イエスの苦難の死があり、その後に復活が続きます。イエスが死からよみがえったということは私たちもまたよみがえることができるという保証です。

⑤ペトロの手紙一と二において15回「イエス・キリスト」とイエスを呼んでいます。キリストとはメシア「油注がれた者」という意味合いですが、イエスにとって、メシアとは救い主ですが苦しみを通して救う者でした。

⑥新約聖書全体において「主」という称号は、2種類あり、社会の有力者を指す場合と神に関連している場合でした。ペトロは「主」という言葉を神に対して用いるものとしてイエスを主、神であり救い主である方と呼んでいます。父なる神や聖霊と同様に、イエス・キリストも神であり3つの人格がありますが一人の神であることを教えています。

用語解説
①「贖い」― 身代金を払って解放するという意味合いがある。
       自分の罪の身代わりを通して救われること。

②「受難」― 苦しみや災いを受けること。
       イエスが私たちの身代わりに十字架にかかったこと。

ディスカッションのためのテーマ
①あなたにとってイエスはどのような方ですか。
 心からあなたの救い主と思って生活に反映しているでしょうか

②「死」を恐れている方にどのようにイエスを伝えますか。