第12課 青年用:島田 隼人

2017年 第3期 「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

第12課 聖霊によって生きる

今週のポイント
①私たちは皆、善(キリスト)と悪(サタン)との大争闘の中で生きています。私たちは「霊」に従って生きるか、それとも「肉」に従って生きるかを日々格闘しつつ選択しているのです。

②霊に従う生き方は、内側から湧き出るイエス・キリストに対する愛(キリストの愛)によって実現するのです。

③「私たちが持っている肉を抑える唯一の望みは、私たちの罪深い自己に対抗して聖霊の側につくことを日々決心することにあります。」(p.83)クリスチャンの戦いは再臨の時までさまざまな形で続きます。私たちは「日々」聖霊によって生きる選択をする必要があります。神様との時間(ディボーション)の重要性を再確認しましょう。

④肉の業(ガラテヤ5:19〜21)はイエス・キリストの品性・人生と対立します。イエス・キリストを愛していると告白しながら「肉の性質」を選ぶ時、私たちはイエスさまの「敵」の側に立っているのです。そんな私たちを聖霊は呼び求め、霊の生き方へと導いてくださいます。命がけで私たちを愛し、救い出しでくださった方の顔を仰ぎ続けましょう。

⑤霊の結ぶ実(ガラテヤ5:22〜23)の全ての土台は「愛」です。コリント第一13章にあるように、「愛がなければ、無に等しい」のです。イエス・キリストの愛なくしては、聖霊によって生きる選択をすることができないのです。勝利への道は一つ、カルバリーへの道をキリストと共に歩み、「肉を欲情や欲望もろとも十字架につける」(ガラテヤ5:24)決心を日々することなのです。

ディスカッションのためのテーマ
①「霊によって生きる」ための助けとなっている聖句などはありますか?また、心がけていること(生き方)はありますか?
②肉の生き方だとは知っていながらも妥協してしまう時、私たちの「心」を支配しているのは何ですか?
③「キリストによって約束されている勝利」はあなたにどのような希望を与えますか?