第2課 青年用:朴 昌

2017年 第3期  「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

パウロの権威と福音

今週のポイント
①ユダヤ人の慣例によって異邦人をそのまま受け入れないガラテヤ教会に対してパウロは、使徒的権威を通して福音を宣べ伝えます。今日はその権威と福音について学びます。

②パウロは初代教会時代から使徒としての働きを通して認められました。その働きの中で、当時の人々に慣れた形式によって手紙を記しました。初代教会はその手紙を聖霊に導かれたものとして受け入れ、聖書とみなされました。

③ガラテヤ教会のある人々は、パウロが伝えた「信仰による救いのメッセージ」を認めたくありませんでした。そのため、パウロの使徒職を疑い、攻撃しました。しかし、パウロが使徒になったのは人間によるのではなく、神から与えられたものでした。パウロは福音を宣べ伝えるために、その使徒職を擁護しました。

④パウロは頻繁に「恵み」と「平和」の言葉を結びつけて使います。その「恵み」と「平和」はパウロが伝えている福音の本質です。その福音は世の中の恵みと平和ではなく、キリストの死と復活に基づいて、罪と死の力を打ち破り、悪の力からキリストに従う人々を解放するものです。

⑤キリストによって救われる福音以外には、他の福音はありません。ですから、キリストによらない福音は人々を死へ導く呪いの福音です。

⑥ユダヤ人の慣例の中には割礼を受けない人は救いがないことでした。しかし、パウロはその慣例を否定し、救いは割礼ではなく、キリストによる回心であると話します。ユダヤ人はその話は異邦人に対する耳障りの良い話だと批判します。しかし、パウロは自分の回心の証を通してこれは神から与えられた福音の起源であると擁護します。

ディスカッションのためのテーマ
①私たちは神から遣わされた人や聖書を、どのように考えて認めているのかを話し合いましょう。
②「信仰」と「律法」の関係について話し合いましょう。

補足・コメント
神は人々にわかりやすく、ご自身の御心を示すため、当時の人々が理解しやすい言葉や形式によって書かれています。しかし、聖書は古代の書物であるため、現代の私たちには理解しがたい部分があります。そのため、聖書を読む上で当時の背景を理解するのは大切です。しかし、聖書は聖霊に導かれて書かれているため、時代や世代を超えて聖霊を通して人々に神の御心を示しています。ですから、聖書を読む時には聖霊を求めて読むことが最も大切です(Ⅰコリント2:10~12)