第5課 青年用:羅 明勲

2017年 第3期 「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

今週のポイント
① 旧約聖書に表れている贖いと信仰による義を理解することが今週の学びの目標です。
② ガラテヤ教会の信徒たちは十字架を見上げて福音を信じることによってクリスチャンになりました。しかし後に、自分の行いに頼るようになってしまいました。(日曜日)
③ パウロはガラテヤ人への手紙3:6−14で、創世記15:6、12:3、申命記27:26、ハバクク書2:4、レビ記18:5を引用するなど旧約聖書に基づいて信仰による義を説明しました。(月曜日)
④ アブラハムは服従の模範であり、信仰の模範でもあります。しかし、アブラハムが義とされたのは服従ではなく信仰によるものでした。服従は義の結果です。(火曜日)
⑤ 旧約聖書に出てくる「契約」も福音です。それは神様のための私たちの約束ではなく、わたしたちのための神様の約束に基づいているからです。(水曜日)
⑥ 律法を守ることによって救われようとする人はまだ呪いから解放されていません。しかし、信仰によって救われようとする人は十字架により罪の呪いから解放されます。(木曜日)

ディスカッションのためのテーマ
① 今日の私たちの信仰生活にはどのような霊的わなが隠されていますか。
② 行いによって救われようとするのは実際どのように現れますか。
③ 正しく聖書を学ぶことはなぜ大切でしょうか。