第8課 ホープSS:安息日学校部

2017年 第3期 「ガラテヤの信徒への手紙における福音」

御言葉によるテーマソング:I Have Been Crucified With Christ(ガラテヤ2:20-21)

%{artist} - %{title} [%{album}], (%{year}) (%{time})
I Have Been Crucified With Christ
Seek to %{time1} of %{time2} (%{percent}%)
  ---  
0:00

This is a normal list of HTML links to MP3 files, which jsAMP picks up and turns into a playlist.

第8課           奴隷から相続人へ         8月19日

1.キリストにおける私たちの状態
①ガラテヤ3:26
  Ⅰ)なぜパウロは「神の子どもたち」ではなく、「神の子たち」と言っているのでしょうか。ガラテヤ3:28
②ヨハネ1:12
③キリストにある信仰によって、神の子となった今、私たちの律法との関係はどのように変わりましたか。

2.バプテスマの重要性
①ガラテヤ3:27-29  ②マタイ3:13-17
③使徒2:37-41    ④ローマ6:1–11
⑤これらの聖句から、バプテスマに関して、どのような大切な学びを得ましたか。
⑥バプテスマを受けることを待った方が良い時はいつでしょうか。また、バプテスマを受けることを待つことが危険な時はいつでしょうか。

3.世を支配する諸霊の奴隷として
①ガラテヤ4:1–3
②パウロはここで何のことを言っていますか。Ⅱペトロ3:15–16
  Ⅰ)ストイケイア―未成年
  Ⅱ)ヘブライ5:12
  Ⅲ)約束によると完全な相続人となった今はもはや、未成年者として生きる必要はない。

4.キリストは定められた時に来られた
①ガラテヤ4:4–5, この聖句を確認する
②キリストはどのような意味で定められた時に来られたのでしょうか。
  Ⅰ)預言の成就 ダニエル9章
③「ローマの平和」の祝福
④なぜ、神の御子は救いのご計画の一部として、人となられたのでしょうか。
  Ⅰ)ガラテヤ4:4  Ⅱ)ヨハネ1:14  Ⅲ)ローマ8:3–4
  Ⅳ)フィリピ2:5–8 Ⅴ)ヘブライ2:14–18, 4:15–16

5.救いの象徴
①贖い
  Ⅰ)ガラテヤ4:5
  Ⅱ)ヘブライ2:14–15
  Ⅲ)Ⅰコリント15:56–57
  Ⅳ)ローマ6:22
  Ⅴ)ローマ3:19–24; ガラテヤ3:13, 4:5
②養子縁組
  Ⅰ)ガラテヤ 4:5–7
  Ⅱ)エフェソ 1:5
  Ⅲ)ローマ8:15–16, 23
  Ⅳ)私たちは天の父なる神をお父さんと呼べる

6.無力で頼りにならない支配する諸霊の奴隷に戻らないで
  ガラテヤ4:8–20