第8課 聴覚しょうがい者用:浦島 智加男

2017年 第3期  ガラテヤの信徒への手紙における福音

第8課 奴隷から相続人へ

1、初めに
パウロは、これまで律法と福音について、旧約聖書の流れからその意味と大切さを、力を込めて書いてきました。いよいよ、その論証の最後の部分で、律法主義者に戦いの挑戦状を突きつけています。自分たちは、律法を守っていると言いながら、律法の意味さえわかっていないじゃないですか、と。

2、キリストにおける私たちの状態
すべてのクリスチャンは、イエスキリストに対する信仰によって、神様の子供であり、バプテスマを受けたクリスチャンは皆、キリストを洋服のように身につけているのだと、面白い表現をしています。バプスマ式に着たあの式服のようにキリストを着ているのです。その人は、神の前に罪やけがれのない者と認められ、義人キリストを着た人は、古い自分に死に、新しい人となって、永遠にいきるのです、と言っています。

3、世を支配する諸霊に縛られて
クリスチャンになる前は、この世を支配しているサタンが作り出さした宗教や迷信や悪習慣(タバコやお酒)や魔術や占いなどにとらえられて、そこに働いているサタンの霊の命ずるままに生きてきました。タバコを吸う人は、ニコチンの奴隷であり、飲酒の習慣のある人は、アルコールの奴隷です。方角の良し悪しや、日の良し悪し(友引、大安など)などに縛られて生活していました。今は、それらから解放されて、キリストにある自由な生活を楽しんでいます。

4、神は、そのみ子をお遣わしになりました。
このサタンが支配から人類を解放する方法と時を、神は定めておられました。神はご自分の御子をサタンが支配している世界に送ってくださって、女から生まれるという形をとり、神でありながら人間となられ、さまざまな人間が陥っている奴隷の状態を体験されました。
サタンが人間を支配している力の、強さをもイエス様は知られた故に、それらの力から解放する神の知恵が示されました。それは、天地創造の前から用意されていたもので、み子が罪びとの代わりに死に、その死の力を使ってサタンを打ちかす言うものでした。
 
5、養子の特権
サタンの支配から解放された人は、神の子どもとなる力も与えられたのです。クリスチャンは、神の子供になったのですから、当然親がいるはずです。しかし、かみさまの本当の子供は唯一人イエス様です。ですから、クリスチャンは実の子ではなく、サタンから貰われたいわば「もらい子」、つまり養子になるわけです。
法律的には、実の子も、養子もその親からもらう財産は、平等に分けられることが、当時のローマ法でも保障されていました。
ですから、私たちは養子ですけれども、イエス様と兄弟姉妹であり、財産(永遠の命)天国も等しく相続し、父なる神様を「アバ父よ」とよぶ特権も与えられているのです。この特権を無駄にすることなく、再び奴隷(サタンが父となっている状態)に戻ることがないよう、信仰にしっかり踏みとどまっていましょう。