第11課 青年用:島田 隼人

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第11課 選ばれた者

今週のポイント
①神様が人類を愛しておられ、すべての人間に救われて欲しいと願っていることを再確認しましょう。救いを拒絶されている集団や国民などはいないのです。この救いの計画のために神様は「選ばれた者」に役割を与えられます。

②律法を命がけで守ってきた多くのユダヤ人は、律法の目標でもあり、最終目的であるイエス・キリストを見失ってしまいました。「自分の義」、「律法による義」に頼ることによって、唯一の救いの道であるイエス・キリストを見失ってしまうのです。しかし、多くのユダヤ人たちは自分は見えている!と公言していました。イエスさまは、気づいてほしかったのです。
「イエスは言われた。『見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』 とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る。』」
(ヨハネ9:41)

③神様の救いの恵みはすべて人間に提供されています。信仰によってこの恵みを受け入れるすべての人間を神様は救われるのです。ローマ11章5節に「選ばれた者が残っています」という聖句があります。神様はいつの時代にも残り(Remnant)の民・教会をたてられます。

④「ひとたび救われたなら、常に救われている」ということを聖書は教えていません。十字架のイエス・キリストを見上げ、日々神様の慈しみにとどまる選択をすることによって変えられ、救われるのです。

⑤終わりの時代、ユダヤ人を含む多くの人が真理へと導かれます。この真理を世に伝えるために、神様は人間を、そして民を用いられるのです。

ディスカッションのためのテーマ
①あなた自身をキリストと比較し、そのうえで、あなたがどれくらい本当に「善良」であるかを考えてみてください。(日曜日の◆から)
②セブンスデー・アドベンチスト教会は神様の救いの計画にどのように用いられるでしょうか?セブンスデー・アドベンチスト教会に与えられた使命について話し合いましょう。
③神様の慈しみにとどまっていないと感じる時はありますか?それは、どのような時でしょうか?
④あなたのキリスト教信仰をより理解するうえで、ユダヤ教の研究はいかに助けとなりうるでしょうか?(水曜日の◆から)アドベンチスト教会はユダヤ人への伝道において最も成功するはずです。それはなぜですか?(金曜日の質問から)