第8課 青年用:城美 崇光

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第8課 ローマ7章の「わたし」とはだれか

今週のポイント
①ローマ7章をどう捉えるか。
パウロ先生の抱えていた葛藤が中心的な疑問になっており、それがダマスコ途上で復活したイエス様に会って変えられた前のものなのか。それとも変えられた後のものなのかなのです。パウロ先生が変えられる前も、変えられた後も天性のような熱心さは変わりませんでした。葛藤があるのは、生きている以上避けて通れないものですが、わたしたちが知っておくべき大切なことは、イエス様と出会い人生が変えられても、葛藤があり、それとどのように向き合わなければならないか、と思うのです。いかがですか?

②律法に死ぬ。とは?
わたしたちは、イエス様と今日出会ったとしても、これまでの生活習慣が激変することはないでしょう。パウロ先生の教訓(生き方を180度方向転換すること)に見習うこともできますが、それは、わたしたちはパウロ先生のような熱血な思いを持って日々生活しているかを見れば少しは気が付くのではないでしょうか。(朝起きた時、「あぁ眠い。まだ寝ていようかなぁ。」「課題?んー、明日しよう。」など、自分にやさしいと思ったことはありませんか?)律法に死ぬことも似ています。今まで教えられてきたこと。正しいと思って行ってきたことが、もし間違っていても、すぐに新しいものを受け入れられない当時のユダヤ人にパウロ先生は熱心に向き合っていました。わたしたちは、古い自分とどれだけ向き合っているでしょうか。

③「わたし」
皆さんはクリスチャンですか?多くの方は「バプテスマを受けた人=クリスチャン」と考えているでしょう。間違いではありませんね。儀式としてのバプテスマ(罪の悔い改めと告白)は一回で充分ですが、毎朝の献身(イエス様と歩む決心)毎晩の悔い改めが(詩編19篇12節 参照)必要です。日々イエス様にあって成長させていただくわたしたちですが、日々の献身と悔い改めなくして、目に見えない(心の状態)成長は難しいでしょう。成長には時間がかかりますが、罪の道を進み続けている自分への言い訳にならないように注意しましょう、とガイドの著者は言っていますね。(P.57下から7行目。)

セレクテッド・メッセージ
「律法を犯すことの中には、安全も平穏も義認もない。人は罪を犯し続けながら、神の前に潔白でいることも、キリストの功績によって神と平和な関係にいることもできない。」…少し、厳しいメッセージですが、私たちは自分自身「わたし」と向き合わなければなりません。罪と知らないことは赦されますが、罪と知りながら続けることは聖霊様の働きかけを拒むことで赦されません。

ディスカッションのためのテーマ
①あなたにとっての「わたし」はどのような目的で存在しているのか。
②新しい方法を探し挑戦し続けることと同時に以前の方法を尊重するのは大切なことか?