第1課 聴覚しょうがい者用:島田 隼人

2018年第2期「終末時代の備えーイエスに会う準備をする」

第1課            宇宙規模の争い           島田隼人
                               

1.今週のテーマ
 私たちは「大争闘」(だいそうとう)の中に生きています。イエスさまに従うか、それともサタンに従うかを日々選んでいるのです。今期は、イエスさまに従いながら、イエスさまに会う準備をすることを学びます。再臨(さいりん)が近づいています。イエスさまに従い、イエスさまに会う準備をするのは「今」なのです。
 では、どのように準備をすれば良いのでしょうか?
敵であるサタンは、私たちの目を十字架から離(はな)れさせようと必死になっています。イエスさまに会う準備をしてほしくないのです。
 私たちの準備に必要なカギは、十字架の愛が心の中で満たされているということです。十字架の愛が心の中で満たされている時、私たちはイエスさまに従う者へと変えられ、イエスさまを待ち望む者となるのです。
 大争闘はいつの日か終わります。喜んで終わりの日を迎えられるように、共に準備いたしましょう。

2.完全な存在の堕落(日)、頭で知るだけでなく(月)、天と地における争い(火)
 神様は私たちに「自由意思」を与えてくださいました。そこには、「神様に従わない」という選びをするリスクもありました。天に住む完全な存在であったルシファーが「神様に従わない」という選びをしたことによって「大争闘」は始まったのです。私たちにも、ルシファーに与えられた自由意志があります。選ぶのは私たちなのです。
 聖書を通して、私たちは多くのことを知ることができます。十字架の救いという「福音」を知りました。「私が愛したように、互いに愛し合いなさい。」というイエスさまの新しい掟(おきて)も知りました。神様は知るだけではなく、「従って」ほしいと願っておられます。

 *夜おそくに甘い物をたくさん食べることは良いことでしょうか?おそらく、体に良くないことは知っていると思います。しかし、誘惑(ゆうわく)に負けて食べてしまうことがあります。体に悪いと知っていながらも、時に私たちは間違った選びをしてしまうのです。
 私たちは、日々何かを選びながら生きています。「イエスさまなら何を選ぶだろうか?」と考えながら日々生活しましょう。

3.終わりまで、あなたがたと共にいる(水)、律法と福音(木)
 「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28:20)
 イエスさまからの心強い約束の言葉です。嬉(うれ)しい時も、悲しい時も、どんなに苦しい時もイエスさまは共にいてくださるのです。「大争闘」の中に生きている私たちは、時に弱ってしまうこともあります。正しい選びをすることができなくなるほど苦しくなることもあります。しかし、そんな時にこそ、イエスさまが共にいてくださっていることを思い出しましょう。どんなことがあっても、イエスさまは私たちを見離(みはな)しません。そして、必ず迎えに来るという約束を希望にして、再臨を待ち望みましょう。
 セブンスデー・アドベンチストという名前は、私たち教会のメッセージそのものなのです。第七日目安息日を含(ふく)む全ての十戒を愛し、従う教会。そして、イエスさまの再臨を心から待ち望む教会なのです。
「神を愛するとは、神の掟を守ることです。」(Ⅰヨハネ5:3)
「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。」(ヨハネによる福音書14:15)

★宇宙規模の争いに巻き込まれている私たちが勝利する方法は、神(イエス)を愛し、神(イエス)の掟(おきて)を守ることなのです。これこそが、「イエスに会う準備をする」ことなのです。