第3課 青年用:羅 明勲

2018年3期「終末時代への備えーイエスに会う準備をする」

第3課 イエスとヨハネの黙示録

今週のポイント
1 私たちは聖書に記されている歴史を通して、現在と未来についての教訓を得ることができます。特に黙示録は歴史的な部分と終末論的部分によって構成されています。この黙示録の構造を通して私たちは歴史の教訓から学び、悔い改めて終わりの時に備えなければなりません。(日曜日)

2 黙示録はイエス様の様々な姿と役割を描写しています。黙示録の描写によりますと、イエス様は私たちを救うために死なれ、死からよみがえられた後、再びこの世に来られ世界を裁かれるお方です。(月曜日)

3 天の聖所の第一の部屋で祭司の働きを始められたキリストは終わりの時に第二の部屋での働きを通して裁きの日に私たちが神様の御前に立つことができるように執り成し、準備させてくださっています。(火曜日)

4 イエス様はこの世に対する最終的権限を持っておられる王であり、イエス様の再臨はこの世界の終わりと新しい世界の始まりをもたらします。(水曜日)

5 イエス様は聖書、特に黙示録が私たちに伝えようとしているすべての啓示の初めであり、終わりです。イエス様はすべての真理の中心であり、核心です。(木曜日)

ディスカッションのためのテーマ
1 黙示録及び聖書の中心がイエス様であるように、私の日々の生活の中でイエス様を中心に置くためにはどうしたらいいかを考えてみましょう。

2 私たちが知っている聖書の預言はイエス様にその焦点を置いているでしょうか。黙示録でイエス様が中心である預言のメッセージは何を強調しているでしょうか。

補足・コメント
黙示録が興味深い理由は、神様のだけの秘密ではなく私たちの人生と世界の運命を具体的、現実的に取り扱っているからです。改めて黙示録を研究してみることを強くお勧めします。