第5課 聴覚しょうがい者用:羅 明勲

2018年第2期「終末時代の備えーイエスに会う準備をする」

第5課       天の聖所におけるキリスト       羅 明勲 

キリスト教が他の宗教と違う大きな点は創始者が信徒に教えたことだけではなく直接信徒のためにやったことが強調された点です。イエスは我らの救い主としてご自分の命を捧げて私たちを罪から救ってくださいました。今もなお天の至聖所で救いの働きは続けられているのです。

日曜日:最高の犠牲
イエス様は永遠の前から私たちを救うために自ら人となられ、ご自身を犠牲の献げ物とすることを計画なさいました。キリストがあなたに示された愛と犠牲を瞑想してみてください。その愛にふさわしい価値のある人生を生きるために何ができるかを考えてみましょう。

月曜日:神の小羊
イエス様は、この世にいらした時には世の罪を取り除く神の小羊として奉仕なさい、今は天の聖所で私たちのための大祭司として奉仕しておられます。私たちは十字架のイエス様を瞑想すると同時に天の聖所におられるイエス様を瞑想し、清められた生活へと導いておられる奉仕に従わなければなりません。

火曜日:私たちの大祭司
キリストはその死と大祭司としての奉仕を通して、私たちを救うための十分な贖いを成し遂げられ、その贖いはそれを信じて受け入れるすべての者に効力があります。イエス様が私たちの大祭司となられることの意味を深く考えてみましょう。天においていつも私を弁護してくださる方は今も生きておられます。今、私たちはキリストのみ前に進み出ましょう。

水曜日:私たちの仲裁者
イエス様は天の聖所の大祭司となられ、ご自分の功績と贖いを持って悔い改める私たちのために神様のみ前で弁護しておられます。私たちすでに赦され、救われましたが、なおも様々な問題を持っています。十字架の贖いの価値を日々確認させてくださり、私を弁護してくださるキリストが私たちクリスチャンにはもっと必要です。

木曜日:贖罪日
イエス様の天の聖所における奉仕は地上の聖所の贖罪日の奉仕を通して予め表されていました。ご自分の民のためのイエス様の聖所を清める働きはダニエルの預言に現れているように1844年に始まりました。今私たちは預言的意味における贖罪日の期間に生きています。あなたはこの時期をどのような思いで生きていきたいと思いますか。

まとめ
キリストは裁きが滞ることなく行われ、神の国の到来の時に私たちを備えさせるために今も生きて天の聖所においてご奉仕してくださっています。