第7課 聴覚しょうがい者用:島田 隼人

2018年第2期「終末時代の備えーイエスに会う準備をする」

第7課        マタイによる福音書24章と25章        島田 隼人 

1.今週のテーマ
 イエスさまの再臨が近づいています。準備はできていますか?と質問された時、私たちはなんと答えるでしょうか?
*私たちはどのようにして終末時代への「備え」をすればよいのでしょうか?
*再臨が近づいている今、どのように「生きれば」よいのでしょうか?
マタイによる福音書24章と25章から答えを探しましょう。私たちを救うために再臨されるイエスさまは、備えるために必要な情報をも与えてくださっているのです。

2.預言の力強い確証(日)、最後まで耐え忍ぶ(月)、憎むべき破壊者(火)
 終末時代になるとサタンの働きも活発(かっぱつ)になります。どのようにして神の民を「混乱(こんらん)」させようかと必死に働くのです。混乱している状態(じょうたい)では良い備えはできません。
 終末時代になると偽物(にせもの)が多く出てきます。偽キリストや偽の教えによって多くの人が混乱し、惑わされてしまうのです。では、どのようにすれば「偽物」だと気づくことができるのでしょうか。それは、本物であるキリストから離れないことです。キリスト(本物)といる時間が長ければ長いほど、偽物が出てきても惑わされることはないのです。反対に、キリストといる時間が短ければ短いほど、偽物が出てきた時に混乱し、惑わされてしまう危険性(きけんせい)があるのです。
「わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」(ヨハネによる福音書15:5)
 イエスさまと離れては、終末時代の備えもできないのです。
 終末時代、私たちは「最後まで耐え忍ぶ」必要があると聖書には書いてあります。最後まで耐え忍ぶとは、最後までイエスさまから離れないことなのです。イエスさまと共にいることによって、倒れそうになる苦難の時にもイエスさまが支えてくださるのです。
 イエスさまの教えを聞いてそれを「実行」する時、私たちはイエスさまと共にいるのです。

3.十人のおとめ(水)、あなたのタラントンを用いる(木)さらなる研究(金)
 「十人のおとめ」のたとえ話は、備えができていた五人のおとめと備えができていなかった五人のおとめについて教えてくれます。このたとえ話は、終末時代の教会の状態をあらわしています。備えができていたクリスチャンと備えができていなかったクリスチャンの違いとは何だったのでしょうか?イエスさまは、ニコデモに次のようなことを言われました。
 「はっきり言っておく。だれでも水と霊によって生まれなければ、神の国に入ることはできない。」(ヨハネによる福音書3:5)
 「水と霊」によって生まれ変わることによって神の国に入る備えができるのです。十人のおとめは全員、水(バプテスマ)によって生まれ変わっていました。しかし、その後、「霊」によって生まれ変わっていたのは五人だけだったのです。聖霊の働きよってクリスチャンの「品性」は変えられていきます。キリストの品性へと変えられていくのです。賢(かしこ)いおとめの品性は聖霊によって変えられていたのですが、愚(おろ)かなおとめの品性は聖霊によって変えられていなかったのです。そして、「品性」は他人に分けることができないのです。
 終末時代、私たちに必要な備えとは、霊による生まれ変わりなのです。聖霊を祈り求めましょう。
 
 霊によって生まれ変わった時、私たちは主のために生きる者へと変えられます。神さまからいただいたタラントを主のために用いる時に豊かに実を結ぶことができるのです。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。」(ヨハネによる福音書15:5)

 終末時代の備えにはイエスさまとの「つながり」が必要なのです。
イエスさまとつながっていれば、混乱することや、惑わされることはないのです。
イエスさまとつながっていれば、約束の聖霊を送ってくださり、主のために生きる者へと生まれ変えられるのです。