第10課 ホープSS:安息日学校部

2018年第3期「使徒言行録ー福音の勝利」

第10課              第2次伝道旅行              9月8日

1.アンティオキアの拠点を離れる
①使徒言行録18:23、ルカは、パウロの第3次伝道旅行のはじめの1500マイル(2400キロメートル)を1文に要約します。なぜでしょうか?
②ルカが聖霊の導きのもとで使徒言行録を記す目的は何であったのでしょうか?ヨハネ20:30-31

2.エフェソ
①使徒言行録18:24-28、使徒パウロより先に、どのクリスチャン伝道師がエフェソに到着していましたか?この伝道師について、どのようなことをルカの記述から学ぶことが出来ますか?
②使徒言行録19:1-7、パウロがエフェソに着いて最初の聴衆の様子を、あなたならどのように描写しますか?
③使徒言行録19:8-9、なぜパウロはこんなに長い時間をエフェソで費やしたのでしょうか?
④ルカは、パウロが2年間毎日ティラノの講堂で教えたと言います。この文脈の中で、彼の伝道への取り組み方はどのような点が特徴的ですか?使徒言行録19:10
⑤使徒言行録19:11-12、なぜ神様は、パウロが説教した他のどんな都市で行ったよりも多くの奇跡をエフェソで行ったのだと思いますか?(使徒言行録19:13-19)
⑥サタンはどのようにしてエフェソのクリスチャンに対する反対をかき立てましたか?使徒言行録19:23-24
⑦群衆をなだめ、パウロやエフェソにいる他のクリスチャンの安全を確保するために、神様は誰を用いましたか?使徒言行録19:35-41、他にも神様が異例の方法で救いの手を差し伸べた状況がありましたか?

3.トロアスとミレトスへ発つ
①なぜ時として、対立に遭った場所から立ち去ることは最良の方策なのでしょうか?使徒言行録20:1(マタイ4:12、マタイ10:21-23も参照)
②使徒言行録20:7-12、トロアスにおいて延長されたパウロの礼拝奉仕は、聖書の安息日の廃止、日曜日をクリスチャンの礼拝日とする根拠としてある人たちよって用いられます。あなたならどのように答えますか?
③ミレトス滞在中、パウロは人を遣わしてエフェソの教会から長老を呼び寄せます。パウロが彼らに与えた大切な勧告とは何ですか?これらのクリスチャン指導者に向けたパウロの別れの言葉のどのような点が特徴的ですか?使徒言行録20:17-36
④エフェソから来たクリスチャン長老の態度から、どのような結論が出たと考えられますか?使徒言行録20:37-38

4.聖霊の啓示
①パウロは3度目の、そして最後の伝道旅行を終えています。使徒言行録21:1-14に記録されている出来事からどのような励ましを見出しますか?
②聖霊が語りかける時、どのようにすれば私たちは確かに聞くことが出来ますか?