第2課 青年用:羅 明勲

2018年3期「使徒言行録ー福音の勝利」

第2課            ペンテコステ(五旬祭)            羅 明勲
 
今週のポイント
① 使徒言行録のみならず、キリスト教の歴史、クリスチャンの信仰生活において五旬祭がもつ意味と重要性を理解しましょう。

② 聖霊は新約聖書の時代のみならず、旧約聖書の時代および歴史の全ての瞬間において私たちのために働いておられます。聖霊が弟子たちに強く臨在した五旬祭は信徒の人生の中に豊かに聖霊が臨在し、キリストの罪への勝利を超自然的に表した出来事でした。(日曜日)

③ 五旬祭にこのような聖霊の賜物が異言を語ることを通して表されたのは、周辺各国に住んでいたユダヤ人たちが、この祭りのためにエルサレムに来ていて、このユダヤ人たちにそれぞれの言葉で福音が伝えられるためでした。(月曜日)

④ ペテロは五旬祭の聖霊の注ぎは聖書の預言の成就であると言っています。そして、使徒たちはイエス様の復活を根拠にイエス様がメシアであられることを証し、救いのよき知らせを語ることができました。(火曜日)

⑤ 十字架の贖いの犠牲と死と罪に対する勝利としての復活によって、イエス様は天において高められ、完全な権威を与えられました。このキリストの働きによって五旬祭の聖霊の注ぎはキリストの権威に対する承認として与えられました。(水曜日)

⑥ 罪を悔い改めてバプテスマを受ける者には、罪の赦しと聖霊の注ぎが約束されました。バプテスマを受けたすべてのクリスチャンは救いに対する確信と聖霊の力を受けて伝道と奉仕のために召されているのです。(木曜日)

ディスカッションのためのテーマ
① 聖霊の注ぎを受けるとは今日どのような意味として理解することができるかを話し合ってみましょう。
② イエス様の復活が私たちの信仰においてもつ特別な意味について話し合ってみましょう。
③ 私たちの信仰生活の中で罪の赦しと救いに対する確信は福音伝道のための情熱とどのような関係があるか考えてみましょう。