第1課 聴覚しょうがい者用:平本 光

2018年第4期「キリストにおける一致ー他者と調和しつつ生きる」

第1課              創造と堕罪               平本 光

(ルビ付きの原稿はPDFからご覧ください)

 今期最初の学びになります。今期はキリストにおける一致(二つ以上のものが一つになる)が私たちにとってどんな意味を持つのか聖書を通して確認していきます。今週は神様が人類を仲の良い家族のような一致した関係になるように創造されました。しかし、罪のために一致した関係が壊れました。神様は壊れたままになさらずに回復しようされたことを学びます。

1.安息日午後:今週のテーマ
 教会に集まる人々がキリストにおいて一致することを学んでいくために、まず神様が天地を創造され、人が幸せに神と他の人と一緒に生きることができるよう計画されていたけれども、サタンによって堕罪(罪人になること)してしまったので、その状態を回復する必要があったことを学びます。この学びのためにアブラハムは「信仰による義(正しいもの)」のお手本として登場します。信仰とは実績(どのようなことをしてくれたか)があるから信じるのではなく、必ず神様は、私を守って幸せにしてくださると見えない未来を任せていくことです。そして、信じている人々が神様を通して一致していけることをようにしてくれるものです。

2.日曜日:一致の基礎としての愛
 神様がこの世界を創造されたときには、罪も病気も私たちを傷つけるものは何もない状態でした。神と人や人と人、人と生き物、人と自然との関係を悪くさせるようなものが何もなかったのです。すべてが神の愛によって一致していました。神は愛を通して私たちが一致できるように、御自分に似せて人を創造されました。この愛は自分だけを愛して、人のやさしさや思いやりを利用していくものではなく、思いやりをもって心から相手の幸せのためになることを探していくことです。神に似せて創造された私たちにもその力があることを教えています。

3.月曜日:堕罪による影響
 アダムとエバが罪を犯した結果、神様との関係が壊れただけではなく自然界や人間関係にも悪い影響が出ました。とげや毒のある草花、動物は殺し合うようになり、人は相手を傷つけ、嘘を付き、騙し合いや殺しが起こるようになりました、罪は自分さえ良ければ、他のものはどうなっても構わないという気持ちを引き起こしました。
ノアの時代には、神様が見過ごすことができないほどに人々は悪い状態になっていました。神様はもう一度、人が神様との関係を回復し、人と人の関係も自然との関係も回復する機会として、神様に従いたいものは箱舟に乗り、神様に頼らずに生きたいと思うものは乗らないで、洪水によって滅ぼすことを行われました。できればすべての人が、救われてほしいですが、強制することは愛による一致につながらなかったので神様は選ぶ権利を人に与えられたのでした。その結果、ノアと彼の家族だけが残りましたが、神様はノアの家族を通して神様に従う一致した関係を持てるように計画されました。

4.火曜日:さらなる不一致と分裂
 ノアの時代の洪水によって神様は一致した関係に戻るように望まれましたが、ノアの子孫は神様が二度と洪水で滅ぼさないという約束を忘れて、自分たちが神様のようになりたいとバベルの塔の建てようとしました。そのために神様が言葉をバラバラにされ、言葉の通じる人たちが集まって文化をつくっていくようになりました。ローマ皇帝のユリウス・カエサルが「人間ならばだれにでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」と述べています。自分にとって都合の悪いものを理解しようとしないことによってばらばらになっていくのです。

5.水曜日:神の民の父、アブラハム
 旧約聖書はアブラハムのことを神の友と記します(歴代誌下20:7、イザヤ書41:8)。アブラハムは信仰によって約束してくださる神様は真実な方であると信じ従う生き方をしたからです。私たちもキリストを信じて従って生きるならばアブラハムの子孫として手本に従って生きることを教えています

6.木曜日:神の選ばれた民
 神様はすべての人が一致して神と共に歩むことができる見習えるものとなるようにイスラエルを選ばれました。その生き方を通して神にどのように従っていけばよいのか教えるためです。特別にイスラエルの人々が素晴らしかったからではなくどのような欠点のある人も神様に従う生き方を通して一致できることを接している人にわかりやすく伝えるためでした。

 天地創造を通して神様の考えておられたことは、人類、一人ひとりが仲良くお互いに励まし合えるようになることでした。この計画は罪が入ることによって難しくなりましたが、神はイスラエルを通して救い主によって関係を回復して一致できるという約束を知ることができるようにされていたのです。