第12課 青年用:松本 裕喜

2018年4期「キリストにおける一致ー他者と調和しつつ生きる」

第12課             教会組織と一致              松本 裕喜

● 今週のポイント
① 教会は福音宣教のためにキリストご自身がお立てになった「キリストの体」です。教会の中心であり頭はキリストであって、他の誰でも何ものでもありません。

② 普通なら、上の立場の人が下の立場の人たちから仕えられるものですが、キリストはその逆を示されました。聖書では「しもべ」と表現されています。「教会の指導者はまず神の民の僕、奴隷となる必要があるということでした。」

③ アドベンチスト教会は世界教会ですから、キリストの真理によって一致しなければ分裂してしまいます。今は終わりの時代ですから尚更です。み言葉を伝える働きは、終わりの時に臨んでいる私たちにとって緊急の課題であり使命です。

④ 教会には、マタイ16:19、18:15-20に基づいて懲戒があります。教会の一致、純粋さを保つためです。しかし、世間一般で考えられているようなものとは違い、そこには「贖いの性質」がなければなりません。つまり、懲戒の対象になっている人をいきなり教会からスッパリと切り離すのではなく(それはあらゆる努力を尽くした後の最終手段でもありますが)、悔い改めを促し、また主にある交わりにその人を戻すためです。そのために、懲戒を行う場合は裁くのではなく、交わりへの回復を目指すべきです。

⑤ 教会が組織化されているのは、上下関係を示すためではなく、福音宣教のためです。アドベンチスト教会が組織される前、教会が組織化されることに否定的な時期がありましたが、組織化して伝道が効果的に進められてきました。伝道はキリストの弟子を作ることです。「弟子が生まれるのは、信者が福音を宣べ伝えるためにあらゆる国へ行って、人々にバプテスマを授け、イエスが言われたことを守るよう彼らに教えるときなのです。」
 イエス様は、「あなたがたの上に聖霊が降ると、…地の果てに至るまで、わたしの証人となる」と言われました(使徒1:8)。私たちが今置かれている場所、これから遣わされようとしている場所、または可能な限りの範囲で伝道できる場所や機会が、私たちにとっての「地の果て」なのかもしれません。

● ディスカッションのためのテーマ
① 仕える者としての指導者について、じっくり考えてください。もし何か実例があるとしたら、この俗世界の中で、私たちはどのような僕の指導者を見い出すことができますか。(話し合いのための質問①より)

② どうしたら私たちは、「有限な存在」に頼るのではなく、キリストに頼ることを身につけられるのでしょうか。(日曜日の質問より)