第2課 ホープSS:安息日学校部

2018年第4期「キリストにおける一致ー他者と調和しつつ生きる」

第2課             不一致の原因               10月13日  

1.不服従
①申命記28:1-14、神様は、神様の律法に沿って生きるならばどのような祝福を主の民に与えると約束されましたか?
②申命記28:15-20、不服従によって、どのような負の結果がもたらされるのでしょうか?
③神様の民が不服従のうちに神様から離れたとき、彼らに対する神様の願いはなんだったでしょうか?エレミヤ3:12-18
④不服従の根本的な原因はなんでしょうか?
⑤神様のみ言葉に従わなかった結果起こってしまった不一致や分裂について、個人的な経験を分かちあっください。

2.個人的な見解への誇り
①士師記17:6、21:25
②個人的な見解に誇りを持ち、それに頼った結果起こった悲惨な事はなんでしたか?士師記2:11-13、3:5-7
③ソロモンは、高慢な態度に対してどのような警告を発していますか?箴言13:10、16:10、6:16-19
④聖書の物語で、高慢な態度が悲惨な結末になるという良い例になるお話は何でしょうか?

3.神に逆らう者の計らいに従って歩む
①列王記上12:1-7、8-16、神に従う者の計らいに従っているとどのように確信できるのでしょうか?
②神様のみ言葉のどの約束が、神様が私たちに賢い計らいを与えることを望んでおられるという確信を与えてくれるでしょうか?詩篇32:8、ヤコブ1:6
③ソロモンが私たち一人ひとりに訴えていることは何ですか?箴言19:20
④神様の計らいに従ったとき、壊れた関係が修復され、癒されたときのことをわかちあってください。

4.人に従うよりは神に従う
①1コリント1:10-17、なぜ使徒パウロはコリントの信者たちにこれほど熱心に嘆願したのでしょうか。
②たとえ神様と近く歩んでいる人だとしても、その人に従うことの危険性はなんですか?他の信者から学ぶとき、なぜ1コリント11:1のパウロの教えは私たちに大切なリマインダーとなるのでしょうか?
③ベレアの信者たちの習慣で、パウロが支持した行動はなんでしたか?使徒言行録17:11

5.外側と内側からの攻撃
①使徒言行録20:28-30(マタイ7:15も参照)-残忍な狼
②民数記12:1-2-ミリアムとアロン(妬み)
③2テモテ2:15-18-ヒメナイとフィレト
④2テモテ3:12-17、パウロは、教会内に不一致をもたらそうとする人に対しての対処として若い説教者テモテにどんな勧告をしていますか?
⑤攻撃の内にいるとき、聖書のどの約束が希望と励ましを与えてくれますか?