第8課 ホープSS:安息日学校部

2018年第4期「キリストにおける一致ー他者と調和しつつ生きる」

第8課            信仰における一致            11月24日  

1.イエスによる救い
①使徒言行録4:8-12、10:43
②2コリント5:18-19
③ローマ10:9-13
④ローマ3:24-25
⑤1ヨハネ2:1-2
⑥1ヨハネ4:9-10
⑦1ペテロ2:21-24
⑧何故ある人々は救いの計画の詳細について激しい議論をするのでしょうか?

2.キリストの再臨
①ヨハネ14:1-3
②マタイ24:26-27(黙示録1:7も参照)
③使徒言行録1:9-11
④1テサロニケ4:13-18
⑤キリストの再臨の詳細を知ることは重要なことでしょうか?または、キリストがこの地球にまたおいでになると信じるだけで十分なのでしょうか?それはなぜですか?マタイ24:5、24-26
⑥10人のおとめのたとえから、私たちはどのような重要な教えを学べるでしょうか?マタイ25:1-13
⑦輝かしい再臨と関連して、イエス様は「準備していなさい!」と仰いました。実生活においてどのような意味でしょうか?

3.天の聖所におけるイエスの働き
①出エジプト25:8-9(ヘブル8:2も参照)
②ヘブル8:6、9:11-12、23-28
③イエス様が地上を歩かれたとき、弟子たちのために祈られました(ルカ22:31-32、ヨハネ17:6-19)。イエス様があなたのために天の聖所でとりなしをされていると考えることは、人生をどのように左右しますか?ヘブル7:25、1ヨハネ1:9-2:2

4.安息日
①創世記2:1-3
②出エジプト20:8-11
③申命記5:12-15(エゼキエル20:12,20も参照)
④マタイ12:9-13;ルカ13:10-17
⑤安息日が宗教的義務ではなく、愛の創造主からの贈り物であり、祝福と癒しの時であると気がついたのハいつでしたか?
⑥キリストが私たちに体験してほしいと願っておられる、キリストとお互いとの一致を垣間見た安息日について分かち合ってください。

5.死という眠りと約束された復活
①ヨハネ11:11-15、23-24、43-44
②ヨハネ5:28-27
③1テサロニケ4:13-18
④1コリント15:51-54
⑤聖書の死と復活についての教えからどのような励ましを受けますか?