2・3・4の祈り

ある国のある教会で、礼拝出席者が2人になってしまった教会がありました。
残された2人は、「1人の礼拝出席求道者を与えてください」と、懸命に祈り始めました。
すると、1人の求道者が与えられました。
今度は3人で、「もう1人の礼拝出席求道者を与えてください」と、祈り始めました。
やがて、もう1人の求道者が与えられました。
祈りの力を感じた彼らは、今度は2人ずつに分かれて、それぞれで「1人の礼拝出席求道者を与えてください」と祈りました。
すると、その教会にまた新たに2人の求道者が与えられたのです。
こうして、この祈りは続けられ、数年後には何十名もが集う教会になったのです。
これが、2・3・4の祈りの原点です。

2・3・4の祈りのカードの使い方

  • 祈りはじめるパートナーが決まったら、「2人用カード」を使います。
  • 2人で祈るうちに3人目が与えられたら、「3人用カード」に切り替えます。
    • 「求道者が与えられるように」「家族の救霊のために」など、グループで祈りのテーマを決めて祈り合いましょう。ただし、その際には、「3人目(4人目)を与えてください」という祈りを必ず加えます。
  • 4人目が与えられたら、2人ずつに分かれ、それぞれで再び「2人用カード」を使います。

2・3・4の祈りのカードの使い方