40日の祈り

画像の説明

実施期間:3月25日(日)〜5月3日(木)
5月に全国で行なわれる10日間の講演会に向けて、心を注ぎ、心を合わせて主に祈
りをささげましょう。
今年は講演会を実施しない教会も、ぜひ、祈りによって全国の教会をサポートしてください。


一緒に、毎日続ける
40日の祈り」で一番大切なのは、一緒に祈るということです。神さまは、もし私たちが一緒に祈るために時間を取るならば、祝福してくださると約束してくださっています。

毎日の祈り
教会が一緒になって祈るだけでなく、それを毎日40日間続けるということが大切です。毎日同じ形でなくてもよいので、どうにかして一緒に祈ることができるように工夫しましょう。
(例)教会員全体で教会で祈る日を土、水、金曜日の夜などと決め、日曜日はAさんの家とBさんの家に分かれて祈る。月曜日はグループで祈りの行進をする。火、木曜日は街のどこかで会う。

画像の説明

祈りの焦点
①聖霊の雨が豊かに降り注ぎ、多くの方々がキリストを受け入れる決心ができるように。
②「執り成しの祈りリスト」に載っている方々のために。具体的に名前をあげてお祈りしましょう。
③現在、聖書研究をしている方のために。
④5月に行なわれる伝道講演会の準備のために。
⑤講師のために。
⑥牧師のために。
⑦教会員全員が協力して講演会の準備ができるように。
⑧講演会準備委員のために。
⑨プレ講演会を行なう場合はそのために。
⑩病院、福祉施設など、教会の機関の働き人の中でまだ教会員ではない人、またその方の家族のためにも、特別にお祈りしましょう。


聖書の約束:
歴代誌下16章9節、詩編116編1、2節、143章8節、イザヤ書65章24節、エレミヤ書33章2、3節、ミカ書7章18、19節、マタイによる福音書9章35〜38節、18章20節、マルコによる福音書11章24節、ルカによる福音書11章9〜13節、18章1〜8節、ヨハネによる福音書4章35〜38節、15章7節、16章23、24節、コリントの信徒への手紙二・10章4、5節、エフェソの信徒への手紙3章14〜21節、テモテへの手紙一・2章8節、ヨハネの手紙一・5章14〜16節、ヨハネの黙示録22章12節

その他の提案

①40日の祈りカレンダーを使う
聖句や祈りのテーマを用いて、毎日祈ってみましょう。
ダウンロード

②カンファレンスコール(電話会議)を使う
大都市に住んでいる人たちにとって、毎日集まって祈るのは大変なことです。電話を使って祈ることもできます。40日の間、電話会議用の電話番号を持つこともできるかもしれません。この場合は牧師がリーダーとなり、1、2人の助手を決めて進めるとよいでしょう。最初の日は、何時に電話をするのかを決めます。教会員は毎日決められた同じ時間に電話し、名前と祈りの課題をあげて神さまが関わってくださるように祈り求めます。スマホ、タブレット、パソコンを使って複数の人と話せる方法もありますので、それを使ってもいいでしょう。

③使徒言行録を読む
新約聖書の使徒言行録は28章あります。最初の20章を20日で読みます。それから、もう一度繰り返して、最初の20章を残りの20日で読むようにしてください。その日読んだ章が、その日の祈りに反映するようにします。
(例)使徒言行録12章を読んだとき、
a刑務所に入っている人について祈ってください。
b教会が祈りの教会になるように祈ってください。
cサタンの拘束から人々が解放されるように祈ってください。
d求道者の生活に神さまが関わってくださり、サタンの働きがうまく進まないように祈ってください。

④毎日の祈りの行進
普段行なっている祈りの行進とは異なり、週に2、3日ではなくて、がんばって40日間継続して行なってみましょう。聖書の約束を携帯し、近隣の人々のためだけでなく、教会の特定の求道者の友人のために祈りましょう。

なぜ40日?:
40という数字は 、聖書では準備の期間、新しい人生転換のときという意味があります。
★イエスは公生涯の前に、40日の断食をした。
★ノアの洪水では、40日雨が降り続いた。
★モーセはシナイ山で主から40日目に十戒を授かった。

「聖霊の約束は、教会が一致して祈るときに与えられる。
そしてその祈りの答えは個人で祈るよりも
はるかに力強いものが期待される」(エレン・ホワイト)


LIVE祈祷会
マラナ・タ講演会のための「40日の祈り」LIVE祈祷会です。
3月25日(日)~5月3日(木)までの毎朝6時から5分間、共に祈りましょう。
ナビゲーター:花田憲彦(セブンスデー・アドベンチスト教団メディア出版局長)
LIVE祈祷会


ライフ3月号記事

祈りのスケジュール

40日の祈りポスター



全日本18マラナタ

キボウのトビラ