第7課 聴覚しょうがい者用:浦島 智加男

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第7課         罪に勝つ      浦島 智加男

初めに
 誰でも、罪を犯したり、悪い行動や、悪しき思いをしたくはありません。できれば、いつも穏やかで、心も平安で、神さまと人を愛したいという願いはあります。パウロがロマ書の8章で述べているように、善をしたいという意志はあるが、それと裏腹に、表に出てくる言葉や行動は、願いとは反対のことばかりでます。「死に定められたこの体から誰がわたしを救ってくれるのでしょうか」と誰もがうめいています。 

第7課 廣田 信之

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第7課           罪に勝つ       

 
今週は、信仰による救いのもう一つの側面、誤解されやすい側面―イエスによって救われた者は、その生活において罪に勝利できるという約束―に目を向けます。(教課46ページ)。通常私たちクリスチャンはこの歩みを聖化の歩みとして受け止めています。

第6課 安河内アキラ

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

       6課     アダムとイエス    11月11日

第6課 聴覚しょうがい者用:島田 隼人

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第6課         アダムとイエス      島田 隼人

1.今週のテーマ
 アダムとエバが神さまから背を向けたため、愛によって結ばれていた神さまとの正しい関係がこわれてしまいました。この、こわれてしまった関係を十字架の死によって、イエス・キリストは回復してくださいました。もう一度、神さまと結ばれるチャンスをイエス・キリストはご自分の命をかけて与えてくださったのです。信仰によってイエス・キリストを自分の救い主として受け入れることによって、私たちは神さまとの間に平和を得ることができるのです。

第6課 ホープSS:安息日学校部

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

御言葉によるテーマソング:And We Know That All Things(ローマ8:28, 31-32)

#playlist(And We Know That All Things){{
swfu/d/And-We-Know-That-All-Things.mp3,And We Know That All Things

第6課 青年用:青木 泰樹

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第6課 アダムとイエス

今週のポイント
①安息日午後:人類に罪、苦しみ、死をもたらしたキーパソンとなったアダムと、そんな人類のために解決策を実行してくださったイエスとを対比しながら、希望の拠り所を確認することが今週の学びのテーマです。

第6課 張田 佐喜夫

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第6課       アダムとイエス
     
はじめに
 一人の人アダムによってもたらされた全人類への悪影響は測り知れないものがあります。その結果、救いのために、神が用意された御計画には、御子イエス・キリストの贖いの尊い命(血)が必要でした。ただ一つだけ、「第二のアダム」イエスに対する信仰だけが、神から義と認められるのです。

第5課 安河内アキラ

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

       5課     アブラハムの信仰    11月4日

暗唱聖句 「それでは、わたしたちは信仰によって、律法を無にするのか。決してそうではない。むしろ、律法を確立するのです」 ローマ3:31

第5課 ホープSS:安息日学校部

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

御言葉によるテーマソング:And We Know That All Things(ローマ8:28, 31-32)

#playlist(And We Know That All Things){{
swfu/d/And-We-Know-That-All-Things.mp3,And We Know That All Things

第5課 青年用:下地 英樹

2017年第4期「信仰のみによる救いーローマの信徒への手紙」

第5課 アブラハムの信仰

今週のポイント
 今週は、ローマ人への手紙4章より、「信仰による義認」について学びます。
日曜日「律法」:パウロは、ローマ人への手紙4章において、旧約聖書に登場する2人の人物に焦点を当てて、「信仰による義認」を説明しています。その人物とは、アブラハムとダビデです。